入浴と水の関係を学ぼう [ 富士山バナジウム天然水で血糖値改善 ]

ご注文はこちら

水と人の快適ミネラル生活 水と入浴

入浴中はもちろん、入浴前後の水分補給も大切です。40度のお風呂に10分間入ると、約500ccの水分が体内から失われるといわれます。半身浴のような長時間の入浴にはペットボトルに入ったミネラルウォーターや、プラスチックなどの割れにくいコップに注いだ水を持ち込むのがおすすめです。

お風呂と水分補給のタイミング 入浴前

入浴前にまず一杯!40度のお湯に10分間入ると、約500ccの体内水分が汗となって出て行きます。できればコップ以上の水を入浴前に飲んでおきましょう。水分が体内に確保された状態の方が血流がスムーズになり、汗によって老廃物が排出される効果もあります。

入浴中

少し前から女性を中心にダイエットを目的とした半身欲など長く入浴する方が増えています。やせる為に食べ物だけでなく、水分もあまり摂らずに入る人がいますが、非常に危険です。長時間の入浴に加え、体を洗ったり、シャンプーをするだけでも予想以上に汗をかいているものです。入浴中もペットボトルやプラスチックのコップなどに水を入れて、こまめに水分補給しましょう。血行も良くなりダイエットの効果も上がります。

入浴後

冬場の入浴など浴室と脱衣所の温度差にも気を配りましょう。急な気温の変化は体に悪影響を及ぼします。お風呂から出た後も、多少汗をかくぐらいで徐々に体を温度に慣らしていきましょう。もちろん入浴後も水分補給が必要です。体を冷やさないように、常温の水がオススメです。

お風呂+水で代謝アップ
生活習慣として老若男女多くの人の悩みとなりつつある「冷え性」。食事・生活環境などが影響しますが、その解決策の一つに入浴が有効的です。 冷えとは、血流の不順により自律神経の働きがうまく機能せずに、体温調整がスムーズにできなくなることが原因です。しかし、入浴によって体を温めることによって全身の血流を整えることができます。さらに、入浴前後に水を摂取することにより、より血液の流れを助け代謝をアップさせることができます。バナジウム天然水なら体調を整えることもできます。お風呂と水を習慣にして、体質改善を目指しましょう。
  • 水知識
  • 水と睡眠
  • 水と料理
  • 水と入浴