水と料理の相性を学ぼう [ 富士山バナジウム天然水で血糖値改善 ]

ご注文はこちら

水と人の快適ミネラル生活 水と料理

軟水は食材の旨味を引き出します。旬の食材には、素材そのものの味わいがつまっています。調味料などで味付けを加えなくても、そのままでおいしく召し上がれます。濃い味付けは、時には健康を害する原因にもなります。調理にバナジウムを多く含む天然水を用いると、水がさりげない調味料になり、健康的でおいしい料理を味わえます。

緑茶との相性

飲料である緑茶は、使用する水の味が影響力を持ちます。緑茶の主な成分「テアニン」、「カテキン」、カフェイン」は旨味・渋み・苦味など緑茶の味を構成します。緑茶は風味が重要で、その香りを楽しむ飲み物です。そのデリケートな味には硬度の低い軟水が適しています。

お酒との相性

酒類は原料を発酵させますが、水のミネラル成分が酵母などの働きに大きく関わってきます。軟水を使用した場合、ソフトな甘口の酒に、硬水を使用した場合キレのよい辛口の酒になると言われます。製造工程でも水の重要性は、大変なものです。そのお酒の味を壊さないように水割りなどにもミネラルウォーターをお進めします。

お米との相性

日本人に欠かせないお米には、軟水の相性がとてもいいです。お米を洗ってから炊くまで軟水で行うとお米の細胞がきれいな網目構造になり、ふっくらと粘りのあるご飯になります。これが硬水では、含まれるカルシウムが食物繊維を硬くし、お米がパサパサになる場合が多いといわれています。

だしとの相性

昆布やかつお節でとる和風だしは、水の良し悪しが味を決めます。風味を活かし美味しいだしの素材の成分を十分に引き出せるのは、硬度の低い軟水です。硬水は、カルシウムやマグネシウムが旨味成分と結びつき、アクの原因になってしまいます。

  • 水知識
  • 水と睡眠
  • 水と料理
  • 水と入浴