女性のための水知識 [ 富士山バナジウム天然水で血糖値改善 ]

ご注文はこちら

女性のための水知識

美容のためのグッズや製品は、世の中に溢れています。しかし、身近な水でも美容の働きが十分にあります。体の中に溜まったものを排出し、新しいものを取り入れる、つまり代謝がキーワードになります。また、お肌や精神のケアも水と上手に付き合うことで改善できます。 美しく健康な体をつくるうえで水は欠かせない要素です。

カラダの中からキレイになろう

美肌づくりは、表面からの化粧水などによるケアが注目されがちですが、体内からのお肌ケアも忘れてはなりません。新陳代謝を活性化させ、血液をサラサラにすることで体に必要な栄養素をくまなく届け、老廃物を排出することは、体の表面のお肌をきれいにするために重要なことです。可能であれば1日2ℓを目標にしましょう。

水でお肌ケア

体の表面のお肌は、熱や紫外線から内臓を守るという大切な役割を担っています。水分を摂り内側からケアすることはもとより、日焼けなどをしてしまった場合にも水を使用すると便利でしょう。冷たいミネラルウォーターを薄い布で巻いてお肌を冷やしたり、乾燥を防いだりと水を応急処置の道具として活用することもできます。

水分の行き届いた肌は、ハリとツヤがあり、見た目にも若い印象になります。

ダイエットと水

水分が不足すると脂肪分解が遅れ、ダイエットだけでなく体自体にも悪影響を与えます。上記の通り新陳代謝を活性化させることは、もちろんダイエットのためにも欠かせない要素です。飲むと太るというのは間違いで、痩せることを目標としている方は、毎日「体重(kg)×40cc」を目標に水分摂取をして下さい。

女性の悩みと水分補給

末端冷え性防止
末端冷え性は、カラダの末端まで血液が行き届いていない状態です。その原因は老廃物を含んだ古い血液が停滞し、血液循環が悪くなっているため起こるのです。 この状態を改善するにはカラダを冷やさないように常温の水をこまめにとって、新しい血液をカラダの末端まで巡らせることです。 そのための適度なストレッチも効果的です。
むくみ対策
普段あまりカラダを動かすことの無いデスクワークをされている方や、立ち仕事が多い方は、むくみの気になることが多いのではないでしょうか?水分の取りすぎと誤解されてしまうことが多いですが、実はむくみの原因は代謝の悪くなったカラダにたまった老廃物なのです。普段あまり汗をかかない方は要注意です!しっかり水分補給をして水分の循環を心がけましょう。適度な運動がカラダの代謝を上げるのに効果的です。
ダメージヘアケア
髪に潤いを取り戻すには、髪に水分を蓄えて、キューティクルを守ることです。 髪のダメージの原因は髪の水分量が少なくなり、キューティクルが剥がれてしまい、傷がつくところから始まります。なので、肌と同様に髪にも水分と保湿が必要です。保湿効果の高いトリートメントを定期的に行いましょう。ホットタオルで暖めるのも効果的です。
ガサガサかかと対策
カカトは、皮脂の分泌量が少ないためガサガサになりやすいです。さらに体の末端にあるため血流も滞り、それも原因の一つです。 カカトのガサガサ症状が子供に見られない理由は、子供の体は水分量が多く、保持できているためと言えます。大人になると水分量が少なく乾燥が目立つようになるので、やはりまめな水分補給と保湿などのお手入を心がけましょう。

妊娠・子育ての水分補給

女性にとっては人生の中でとても重要なイベントが出産ではないでしょうか? 食生活など体調の管理には、とても気を使う時期です。そんな妊娠期の体のケアにも水を活用することをオススメします。 妊娠期は血液量が増えるため、体内への水分補給が重要な役割を担います。むくみを気にして水分補給を控える女性も多いですが、つわりの時期は、体外に水分を大量に排出しますので脱水症状になりやすくなってしまいます。食欲も無くなり、体内に物質を入れることに抵抗を覚える時期だと思いますが水分補給だけでも欠かさず続けることが大事です。 胎児にとっても水分は不可欠ですが、脱水症状以外でも水分補給は、血流の流れをスムーズにする効果を発揮します。血液の流れが順調であることは、胎児に十分な栄養素を送ることにもなるのです。母体の代謝を促すことは、胎児の健康にも関わってきます。 また、出産後の授乳期にも赤ちゃんはおっぱいから栄養分を吸収します。いうまでもなく母乳も水分ですので赤ちゃんの成長のためにも水分補給が重要です。

妊娠女性