ナトリウムとは? [ 富士山バナジウム天然水で血糖値改善 ]

ご注文はこちら

カラダにやさしい水「ナトリウム」筋肉の神経の働きを正常を機能させます。

ナトリウムの働きとは?

体液の濃度の調整

人間の体内では、細胞内にはカリウムが、細胞外にはナトリウムが多く含まれていて、それぞれに一定のバランスを保っています。細胞内に多くのナトリウムが入ってくると、ナトリウムポンプという調節機能により、細胞外からカリウムを取り込むと同時に、変わって余分なナトリウムを細胞外へと排出して、一定の濃度を保ちます。

ナトリウムの取りすぎもしくは、カリウムの摂取不足により、体内での両者のバランスが極端に崩れると、ナトリウムポンプの調節機能が十分に機能しなくなるため、細胞内でのナトリウム濃度が上昇してしまいます。そうなるとナトリウム濃度を薄めようと細胞が水分を多く吸収するので、細胞は膨張し、次第に血管を圧迫していきます。

また、細胞内でのナトリウム濃度が上昇すると、細胞は少しの刺激にも過敏に反応するようになります。ナトリウムとカリウムはバランスよくとることが大事です。

ナトリウムをとりすぎると、体液の濃度も上昇してしまうので、濃度を低下させるために体は水分を欲するようになります。塩分を取りすぎるとのどが渇くのもそのためです。体内に水分を送り届けるために、心臓の働きもいつもより活発になり、血液の循環量も増加します。

 

心筋や全身の筋肉の働きに影響する

カリウムの不足やナトリウムの取りすぎによるナトリウムポンプの働きの低下、それによる細胞内でのナトリウム濃度の上昇は、心筋をはじめとした筋肉にも影響してきます。心筋や筋肉細胞には本来ナトリウムはほとんど含まれていませんが、上記の理由でナトリウム濃度が上昇してくると、正常に働くことが出来なくなります。

神経伝達、筋肉の収縮を行う

ナトリウムはカリウムと拮抗して、神経伝達・筋肉の収縮などを行っています。

他のミネラルの吸収を助ける

ナトリウムはカルシウムなどのミネラル、たんぱく質が血液中に溶けるのを手助けして、それらの吸収を助ける働きがあります。

消化液の分泌を促す

ph値とは酸性か、アルカリ性か、その濃度を示す数値ですが、人間のph値は常に一定(7.35~7.45 - 弱アルカリ性)にたもたれています。この範囲を超えてしまうと人間の正常な活動にも大きな支障が出てきます。ナトリウムとカリウムには、体液のph値がアルカリ性に傾きすぎたときや、酸性に向かったときに、それらを調節して一定に保つ働きがあります。

But とりすぎには注意

ナトリウムは食塩という形で通常摂取しています。ナトリウムも体に必要なものですが、その他のミネラルとは異なり、過剰摂取のほうが気になるミネラルです。

  • カルシウム
  • 硬度
  • pH値
  • カリウム
  • バナジウム
  • ナトリウム
  • マグネシウム

富士の樹水のナトリウムは5.9mg/lです。

富士の樹水で血圧調整。健康な身体へ。

カリウムとナトリウムは細胞の状態を正常に保ち、血圧を調整します。
富士の樹水は、ナトリウムとカリウムをバランスよく摂取することができ
健康な身体を維持することができます。

健康に良いおいしいミネラルウォーター「富士の樹水」を
是非お試しください。

「iTQi優秀味覚賞」を3年連続受賞しました!!国際味覚審査機構であるiTQiから美味しさを評価されています。

「富士の樹水」はいつでも全国送料無料で宅配いたします! オンラインでご注文の方には貯めて嬉しいポイントプログラムを導入させていただいております!貯まったポイントは次回のお買い物で1ポイント=1円としてご利用頂けます。是非会員登録をご活用下さい。
1本180円、1ケース4320円1年継続の場合1ケース3600円
1本180円、1ケース4320円1年継続の場合1ケース3600円