カリウムとは? [ 富士山バナジウム天然水で血糖値改善 ]

ご注文はこちら

カラダにやさしい水「カリウム」からだの老廃物の処理を助けます。

カリウムの働きとは?

カリウムとは

細胞の代謝・酵素活性・神経や筋肉の興奮や収縮などの働きがある重要なミネラルです。細胞の外液に存在するナトリウムとバランスをとりながら、細胞を正常に保ったり、血圧を調整したりして、常に一定したよい体内の状態(恒常性)を維持するのに役立っています。

水分調節

ヒトの体内でカリウムは、カルシウムとリンに続いて3番目に多く、体重1kgあたり約2g程度です。カリウムは全体の98%が組織の細胞内液に存在し、ナトリウムは、細胞の外側にそのほとんどがあります。両者は一定のバランスで保たれています。このための調節機構「ナトリウム-カリウムポンプ」といわれるものが、細胞膜にあります。

過剰にナトリウムを摂取する、あるいはカリウムが不足したなどで、両者のバランス調整ができなくなり極端にナトリウムが多くなると、ナトリウム濃度を下げるために水分を取り入れることになります。血管の細胞でこのようなことが起こると、血管壁が水分で膨れるため血圧が高くなり、顔では組織液やリンパ液が薄められ「むくみ」となって現れます。

減塩と血圧を下げる働き

2対1の比率でナトリウムとカリウムは体に必要なのですが、健康であれば、必要以上のカリウムは腎臓や副腎の働きで汗や尿として排出されます。このとき、排出されるカリウムと同じ量のナトリウムも排出されます。カリウムのこの働きを借りて減塩(ナトリウムとして排出)することができます。

また、カリウムには腎臓で血圧を下げる酵素カリクレイン(kallikrein)を増やす働きがあり、カリクレインの働きで血管が広がり血圧を下げることになります。

  • カルシウム
  • 硬度
  • pH値
  • カリウム
  • バナジウム
  • ナトリウム
  • マグネシウム

富士の樹水のカリウムは1.3mg/lです。

富士の樹水で血圧調整。健康な身体へ。

カリウムとナトリウムは細胞の状態を正常に保ち、血圧を調整します。
富士の樹水は、ナトリウムとカリウムをバランスよく摂取することができ
健康な身体を維持することができます。

健康に良いおいしいミネラルウォーター「富士の樹水」を
是非お試しください。

「iTQi優秀味覚賞」を3年連続受賞しました!!国際味覚審査機構であるiTQiから美味しさを評価されています。

「富士の樹水」はいつでも全国送料無料で宅配いたします! オンラインでご注文の方には貯めて嬉しいポイントプログラムを導入させていただいております!貯まったポイントは次回のお買い物で1ポイント=1円としてご利用頂けます。是非会員登録をご活用下さい。
1本180円、1ケース4320円1年継続の場合1ケース3600円
1本180円、1ケース4320円1年継続の場合1ケース3600円