pH値とは? [ 富士山バナジウム天然水で血糖値改善 ]

ご注文はこちら

カラダにやさしい水「pH値」pH値7.0が中性、これより高くなるとアルカリ性、低くなると酸性になります。

pH値とは?

pH値の語源

ラテン語でpounds Hydrogeniiであり、poundsは重量を意味し、Hydrogeniiは水素を意味します。pHは、水素指数の略号です。

pH値の数値

pHの値には0~14までの目盛りがあり、7を中性もしくは化学的中性点とも言います。
7より小さくなるほど酸性が強く、7より大きくなるほどアルカリ性が強くなります。
水にはその性質により酸性・中性・アルカリ性の3つあります。

pHの味と感触

酸性は、酸味を有しますし、アルカリ性は灰汁(あく)の様な舌をさす味を感じます。
そして、指で触るとぬるぬるして石鹸に似た感触があります。
これらの性質は、それらが強くなるほど顕著になります。
水に溶けている物質によってもpHが変わります。

身近なpH

胃液 1.8~2.0
レモン汁 2.0~3.0
食酢 2.4~3.0
ワイン 3.0~3.7
ビール 4.0~4.5
醤油 4.5~4.9
炭酸水 4.6
5.6
煎茶 5.9
尿 4.6~7.4
水道水 5.8~8.6
牛乳 6.4~7.2
母乳 6.8~7.4
唾液 7.2~7.4
血液 7.4
8.2
海水 8.3
石鹸水 9.0~10.0

 

pHの危険度?

化学物質単独で考えると、酸の代表は塩酸、塩基の代表は水酸化ナトリウムといったところだと思います。どちらが危険(怖い)かと、質問されると回答に困りますが、個人的には水酸化ナトリウムの
方が怖いです。理由は、簡単です。痛くないからです。

日常生活を考えると、ほとんどの人がアルカリ性洗剤を使用し、酸性であるレモンを食べています。
これらが危険(怖い)かというと、そんな事はありません。(例外的に過敏な方もおられます。)
では、習慣的にそういったものを口にするのは大丈夫なのでしょうか。これを考えると、少し危険度は変わってきます。習慣的に酸またはアルカリに偏った食生活は危険です。
結論的には、バランスのとれた食事が最も大切なのです。

酸性食品・アルカリ性食品

私たちが普段食べている食品には、酸性のものやアルカリ性のものがあります。
栄養学でいう酸性食品・アルカリ性食品と呼ばれているものは、その食品そのものが、酸性であるとかアルカリ性であるとかという事ではないのです。それらの食品を摂取して、それらが体内で酸性を示すのかアルカリ性を示すのかという事をあらわしているのです。

カルシウム(Ca)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、マグネシウム(Mg)などを含む食品は、
これらのそれぞれが、体内では、、、などの陽イオンとなり、アルカリ性を示します。一方、リン(P)、硫黄(S)は、などのようなイオンになるので、酸性を示します。

よく例にあげられるのが、梅干です。これと同様に柑橘類も食べた時は、酸っぱく感じます。それ自体は確かに酸性ですが、これらは典型的なアルカリ性食品と呼ばれているものです。

人間のからだは、pH値が7.35~7.45を保つようになっています。食品によってからだが、酸性やアルカリ性に傾倒する事はありません。例えば、酸性食品と呼ばれているものばかりを食べている人は、pH値が7以下の酸性を示すかというとそうではなく、ちゃんとpH値が7.35~7.45の間になっています。調査によると典型的な肉食のエスキモーの人たちを調べると、pH値が7.35~7.45の間になっていますが、尿や汗が酸性傾向が強い事を示しているそうです。

  • カルシウム
  • 硬度
  • pH値
  • カリウム
  • バナジウム
  • ナトリウム
  • マグネシウム

富士の樹水のpHは8.0(弱アルカリ性)です。

弱アルカリ性の水で体を健康に

弱アルカリ性のミネラルウォーターは体へのミネラルの吸収率が
高いと言われています。
また、食べ物を柔らかくする効果もありますので、
出汁をとる料理や炊飯などに適しています。

健康に良いおいしいミネラルウォーター「富士の樹水」を
是非お試しください。

「iTQi優秀味覚賞」を3年連続受賞しました!!国際味覚審査機構であるiTQiから美味しさを評価されています。

「富士の樹水」はいつでも全国送料無料で宅配いたします! オンラインでご注文の方には貯めて嬉しいポイントプログラムを導入させていただいております!貯まったポイントは次回のお買い物で1ポイント=1円としてご利用頂けます。是非会員登録をご活用下さい。
1本180円、1ケース4320円1年継続の場合1ケース3600円
1本180円、1ケース4320円1年継続の場合1ケース3600円