マグネシウムとは? [ 富士山バナジウム天然水で血糖値改善 ]

ご注文はこちら

カラダにやさしい水「マグネシウム」精神を静め、新陳代謝を助ける働きがあります。

マグネシウムの働きとは?

マグネシウムとは?

体内の酵素の働きを助け、心臓や血管などの正常な機能を維持しています。また、神経の働きにも関係し、安定化にも大切な役割を担っています。
ほかにも、HDL-コレステロール(善玉コレステロール)を増やし、LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)を減らす作用があることや、腸で水分を集め、便通をよくする働きがあることもわかっています。
カルシウムと同様、神経や筋肉の興奮に関わる大事なミネラル、それがマグネシウムです。

偏頭痛の緩和

マグネシウムには、過労や睡眠不足、ストレスや喫煙などで起こる「血小板の凝集」や「血管の収縮」を抑える効果があります。
また、カルシウムが脳まで運ばれずに細胞の中に溜まると、血管が緊張して偏頭痛が起こりやすくなりますが、それを防ぐ働きもありますので、偏頭痛にとても効果があると言われています。

ダイエットに効果的

マグネシウムは、体内の酵素の働きに欠かせない酵素補助因子の役割を担い、大腸内での水分調整を助けお通じを促す働きがあります。
ダイエットをすると骨からカルシウムが減少し、骨がもろくなりがちです。そこでカルシウムを多く摂取してその減少を補う方法をとりますが、骨の形成にはマグネシウムも大切な栄養素です。カルシウムとマグネシウムをバランスよくとることで無理のないダイエットをすることができます。

マグネシウムとカルシウムの関係

マグネシウムはカルシウムと密接な関わりを持っています。
この2つのミネラルは互いに作用しあって、神経や筋肉に影響を与えています。筋肉の収縮は筋肉細胞の中にカルシウムが入ることによっておこります。マグネシウムはその筋肉細胞に入るカルシウム量の調整を行いますマグネシウムが不足してカルシウムの調節がうまくいかないと筋肉の収縮がスムーズにいかず、痙攣やふるえなどの原因になります。

血管壁にある筋肉で痙攣が起きると狭心症や心筋梗塞になります。カルシウム摂取が多くてもマグネシウム摂取量が少ない アメリカなどでは心筋梗塞などの虚血性心疾患が非常に多い事がわかっています。またこの2つのミネラルは骨を形成するうえでも大切な栄養素でありマグネシウムは骨を正常に代謝させる働きがあり、これが不足すると骨を正常な状態で作る事が出来ず、骨がもろくなってしまいます。骨粗しょう症の予防にはマグネシウムの摂取が欠かせません。

  • カルシウム
  • 硬度
  • pH値
  • カリウム
  • バナジウム
  • ナトリウム
  • マグネシウム

富士の樹水のマグネシウムは4.5mg/lです。

足りないマグネシウムは水で補給

カルシウムは骨を丈夫にし、体の調子を整えます。
マグネシウムはカルシウムがより体に作用するようにサポートします。
普段の食事では不足しがちなカルシウムとマグネシウム。
カルシウムとマグネシウムをバランスよく摂取できる
ミネラルウォーターの富士の樹水なら、
飲み続けるだけで体の調子を整え、健康を維持することができます。

健康に良いおいしいミネラルウォーター「富士の樹水」を
是非お試しください。

「iTQi優秀味覚賞」を3年連続受賞しました!!国際味覚審査機構であるiTQiから美味しさを評価されています。

「富士の樹水」はいつでも全国送料無料で宅配いたします! オンラインでご注文の方には貯めて嬉しいポイントプログラムを導入させていただいております!貯まったポイントは次回のお買い物で1ポイント=1円としてご利用頂けます。是非会員登録をご活用下さい。
1本180円、1ケース4320円1年継続の場合1ケース3600円
1本180円、1ケース4320円1年継続の場合1ケース3600円