カルシウムの働きとは? [ 富士山バナジウム天然水で血糖値改善 ]

ご注文はこちら

カラダにやさしい水「カルシウム」強い骨と健康な歯を保ちます。体内で鉄分の代謝を助けます。

カルシウムの働きとは?

カルシウムとは?

カルシウムは人体の中で最も多いミネラルで、全体重の1.5%~2.0%を占めます。
99%は歯と骨に存在し残りの1%は、血液などの体液や筋肉に含まれています。この1%のカルシウムが、神経の情報を伝達する働きや、筋肉を動かす働きなど、人間の体が正常に機能するために必要な重要な役割を担っているのです。

体重50kgの人の場合で体内に約1kgのカルシウムがあり、その中で骨以外の血液や筋肉に存在するカルシウムは約10gあります。この10gのカルシウムがないと、健康な体が保てません。

骨粗しょう症の予防

血中・筋肉・神経に含まれている1%のカルシウムは、脳や神経の働きをスムーズにしたり、ホルモン分泌,血液凝固など重要な生理作用に関係しています。このカルシウムを機能カルシウムと呼びます。
カルシウムの摂取不足により機能カルシウムが不足すると、生命を守るために副甲状腺ホルモンが働き骨からカルシウムを取り出して血中に放出します。この状態が長く続くと次第に骨がスカスカになる骨粗しょう症になってしまいます。

高血圧や動脈硬化の予防

カルシウムの摂取不足が続くと、骨を溶かして血中に移動したカルシウムが血管の細胞内に取り入れられ蓄積してしまう「カルシウムパラドックス」が起きてしまいます。蓄積したカルシウムは動脈を硬くしてしまい、高血圧や動脈硬化の原因になります。カルシウムを必要量しっかりと摂ることで高血圧や動脈硬化を防ぐことができます。

イライラを解消する

カルシウムには神経を静める効果がありイライラを解消することができます。
ただしカルシウムだけではなく、血中のカルシウムとマグネシウムのバランスが大切です。
カルシウムとマグネシウムのバランスは2:1の割合が理想的です。カルシウムと同時にマグネシウムも摂るようにしてバランスを保つ必要があります。

カルシウムの副作用 [高カルシウム血症]

カルシウムを摂りすぎてしまった場合、血中のカルシウム濃度が高くなりすぎてしまう高カルシウム血症に注意が必要です。
初期症状としては、便秘、吐き気、嘔吐、腹痛、食欲減退、異常に多量の尿などがあります。ひどい場合は、しばしば錯乱、情動障害、意識の混濁、幻覚、昏睡を伴う脳の機能障害を引き起こしますので摂り過ぎには注意が必要です。

  • カルシウム
  • 硬度
  • pH値
  • カリウム
  • バナジウム
  • ナトリウム
  • マグネシウム

富士の樹水のカルシウムは10mg/lです。

足りないカルシウムは水で補給

カルシウムは骨を丈夫にし、体の調子を整えます。
マグネシウムはカルシウムがより体に作用するようにサポートします。
普段の食事では不足しがちなカルシウムとマグネシウム。
カルシウムとマグネシウムをバランスよく摂取できる
ミネラルウォーターの富士の樹水なら、
飲み続けるだけで体の調子を整え、健康を維持することができます。

健康に良いおいしいミネラルウォーター「富士の樹水」を
是非お試しください。

「iTQi優秀味覚賞」を3年連続受賞しました!!国際味覚審査機構であるiTQiから美味しさを評価されています。

「富士の樹水」はいつでも全国送料無料で宅配いたします! オンラインでご注文の方には貯めて嬉しいポイントプログラムを導入させていただいております!貯まったポイントは次回のお買い物で1ポイント=1円としてご利用頂けます。是非会員登録をご活用下さい。
1本180円、1ケース4320円1年継続の場合1ケース3600円
1本180円、1ケース4320円1年継続の場合1ケース3600円